建築

建設業免許 福岡県知事(般-30)第111611号

山貴不動産では外壁塗装・屋根塗装・住宅塗装・瓦塗装・雨漏り修理・増改築・内装工事・瓦止め・瓦葺き替え・外構工事・防水工事・水回り工事など幅広くリフォーム工事を行っております。1工事代金の安さ、2腕の良い職人、3品質良い材料、4工事後のメンテナンスが当社の強みです!いつでも無料診断・無料見積を致しますのでお気軽にお問合せください(^_^)/

TEL  0943−32−4332

  • 外壁塗装・屋根塗装
  • 瓦葺き替え工事
  • 外構工事
  • 防水工事
  • 内装工事
  • 水回り工事
  • 雨漏り修理
  • 外壁張替・修理・白壁工事

  • 外壁塗装工事58万円(建坪約40坪)広川町Y様


    外壁塗装工事60万円(建坪約45坪)八女市A様


    屋根外壁塗装工事43万円(建坪約20坪)八女市T様


    アパート屋根外壁塗装工事150万円(建坪約70坪)広川町S様


    屋根塗装工事20万円(建坪約25坪)八女市K様


    屋根・外壁塗装工事75万円(建坪約40坪)筑後市Y様


    外壁塗装工事55万円(建坪約40坪)久留米市T様


    木部塗装工事(現地調査後御見積)広川町I様


    鉄骨塗装工事(現地調査後御見積)広川町H様


    外壁塗装参考価格
    延床面積25坪=40万円    延床面積30坪=45万円
    延床面積35坪=50万円    延床面積40坪=55万円
    延床面積45坪=60万円    延床面積50坪=65万円

    屋根塗装参考価格
    施工面積60平米=20万円
    施工面積80平米=25万円
    施工面積100平米=30万円
    施工面積120平米=35万円

    屋根外壁塗装参考価格
    延床面積25坪=60万円    延床面積30坪=65万円
    延床面積35坪=70万円    延床面積40坪=75万円
    延床面積45坪=80万円    延床面積50坪=85万円

    ※状況により工事価格が多少前後があることをご理解下さいませ。


    外壁塗装
    1 高圧洗浄
    外壁高圧洗浄 高圧洗浄作業とは、外壁や屋根の塗装する部分に対し、高圧洗浄機を使って、外壁や屋根などに付着している、チョーキング、砂塵、汚れ、苔、藻、カビなどを洗い流しキレイする作業の事です。 外壁や屋根等に汚れなどが付着したまま塗装をすると、塗装面と塗料がしっかりと密着しませんので、塗装後に塗膜のひび割れ、膨れ、剥がれ‥と言った重大な品質トラブルの原因になったりする場合もあります。 ですから、高圧洗浄は、塗装を長持ちさせる上で、とても重要な下準備作業と言えます。
    2 コーキング処理
    外壁コーキング処理 外壁材のジョイント部分をコーキングで蓋をしているようなものですので、外壁の端から水分が浸透する事での外壁材劣化を防ぐ事が出来ます。 コーキングが劣化していくと外壁の端に雨水等が浸透していくので、外壁材の劣化が始まってしまいます。古いお宅で外壁材に著しい劣化が出ているのは、コーキングのメンテナンスをきちんと行っていない証拠です。 コーキングのメンテナンスをきちんと行うだけで外壁材の劣化も防ぐ事が出来るので、外壁材のメンテナンスの費用軽減にもつなげる事が出来ます。
    3 下塗り
    外壁下塗り まず下塗り剤は、中塗り・上塗り塗料を塗装面に密着させるために接着剤の役割を担っています。 下塗り剤を塗装していないと、中塗り・上塗り塗料が塗装面に密着しないので、すぐに剥がれてしまう塗装となってしまいます。 そのため、きれいな塗膜を形成することが難しく、長持ちしない塗装となってしまいます。
    4 中塗・上塗
    外壁中塗・上塗 上塗りした塗料は、直接外気に触れることになります。外壁を塗膜で覆うことで、外気や水の侵入を許さず、良好な状態で長期間建物を保護することにつながります。 またつやのある塗膜には、水や汚れが落ちやすいものもあります。このような塗膜は、汚れなどが外壁の中へ侵入するすきを与えません。これは下塗り塗料との違いでもあり、上塗り塗料が建物を保護できる役割の1つです。

    コロニアル屋根塗装
    1 高圧洗浄
    コロニアル屋根高圧洗浄 屋根に限らず外壁塗装でも、高圧洗浄から下地処理までの手順に一番力を入れる職人さんも少なくありません。塗装の不具合が出るかでないかは、苔や旧塗膜の汚れをきちんと落としきれているか、下地処理が適正におこなわれているかによって決まると言っても過言ではないからです。
    ホコリや苔・旧塗膜は、塗装の妨げになるので、高圧洗浄で入念に洗い流し、その後の工程の下地処理や塗装に支障が無い状態にします。
    2 下塗り
    コロニアル屋根下塗り コロニアルの下塗りは、カチオン系シーラーやエポキシ系シーラーなどを塗装します。 シーラーには、塗料の吸い込みを抑え、吸い込みを均一化して塗装のムラを防止する、塗装面と仕上げ塗料の密着性を高めるなどの役割があります。
    3 中塗・上塗
    コロニアル屋根中塗・上塗 最後に中塗り・上塗り作業を行います。この中塗り・上塗り作業に用いられる塗料が、実際の完成後の色を作る塗料です。ローラーやハケを用いながら丁寧に塗布します。

    鉄骨塗装
    1 ケレン掛け
    ケレン掛け ケレン掛けでは、サンドペーパーなどで凹凸を削ったりサビを落として塗面の汚れを取りきれいにします。また旧塗膜が剥がれている場合にはそれも落とします。
    トタンや鉄骨などの鉄部に対しては、塗面がきれいな場合にもケレン掛けを施します。これは表面に細かい傷を付け塗料の密着性を高める目的で行われ、どの程度ケレンを行うかも良い塗装をするためには大切な判断になります。
    ケレン掛けが不十分な場合、仕上がりが悪くなるだけでなく、塗膜がすぐ剥がれたり、またすぐに錆びが発生したりします。
    2 サビ止め下地
    さび止め下地 錆止め塗料とは、金属の腐食を防ぐ効果のある塗料を指します。金属の表面に皮膜を形成し、錆の原因である水や酵素を遮断・除去することで錆や腐食を防ぎます。
    塗料の成分は顔料・樹脂・溶剤・添加物などで構成されますが、錆止め塗料は防錆効果のある顔料を使用することで錆止め効果をもたせています。
    代表的な錆止め塗料には樹脂の分類ではエポキシ樹脂系、油性系、合成樹脂系、フェノール樹脂系、エッチングプライマーなどがありますが、近年の主流はエポキシ樹脂系です。
    3 中塗・上塗
    中塗・上塗 錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため上塗り塗料を塗ります。
    このように、塗料選定もさることながら、適正な作業工程や塗装工程が耐久性を発揮させる重要な役割となります。

    お役立ち情報

    会社情報

        会社外観

    国道3号線沿い♪福島高校前信号から北へ100mです!(^^)!

        会社駐車場

    南側に広々駐車場がありますので、ご来店の際はお気軽にご利用くださいませ♪

        会社駐車場

    西鉄バスでもご来店頂けます(^_^)/福島高校前バス停で下車して頂ければ1分でお迎えに上がります♪

        会社駐車場

    大きい看板が目印です♪